82日目 FAX送信票

0723_2

 

このインターネッツのご時勢でもいまだFAXでのやり取りは根絶されず、大事な書類をやり取りしているケースも散見されます。

そう、うちの会社がそれです。誤送信、誤読のリスクがこれだけ大きい装置を今なお使い続ける理由が何なのか僕にはいまいちわかりません。

書類を送るならドキュメントスキャナでPDFにしてメールすればいいんじゃないでしょうか。「FAXの紙が切れてて受信に気づかなかった」なんていうボケた言い訳はもう結構です!

全然関係ないんですが昔は僕も自宅にFAXがありました。定期的にアメリカから間違いFAXが届き、住宅の設計図と見積りのような図面が大量に送られてきていました。こっちから電話して間違いを教えてあげるのもお金かかるし英語もわからないしで躊躇してしまいそのままでしたが、こういうはた迷惑な間違いが起こるんですよね。

メールにも誤送信はありますから結局は扱う人間の問題なんですけど。

ブログランキングです。1日1回クリック投票して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ

実用ボールペン字講座の資料請求はこちらからできます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ